• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

孤城落日の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

勢いが衰えて助けもなく心細いさま。孤立して援軍のない城が、沈もうとする夕日に照らされている光景。▽「孤城」は孤立して援軍の来ない城のこと。「落日」は西に沈む夕日。
出典
王維おうい「韋評事いひょうじを送おくる」(詩)
用例
戸板にかこまれた木戸銭の影も斑まばらで、このならびでは一番の不入り、孤城落日のところだなとは、馬春堂が心でおかしく思った半畳でした。<吉川英治・江戸三国志>
類語
孤城落月こじょうらくげつ 孤立無援こりつむえん

孤城落日の解説 - 学研 四字辞典熟語

落ちぶれて昔の勢いを失い、助けもなく、心細いさま。
注記
「孤城」は、友軍の助けもなく孤立無援の状態になった城のこと。「落日」は、西に沈む夕日のこと。孤立無援の城に、沈む夕日がさしこんでいるという意から。出典の「遥はるかに知る漢使かんし蕭関しょうかんの外ほか、愁うれえ見る孤城落日の辺ほとり」による。
表記
「孤城」を「弧城」「古城」「湖上」などと書きちがえない。
出典
王維おうい「韋評事いひょうじを送おくる」

孤城落日の解説 - 小学館 大辞泉

《王維「送韋評事詩」から》孤立無援の城と、西に傾く落日。勢いが衰えて、ひどく心細く頼りないことのたとえ。

[元気・健康を表す/元気がない]カテゴリの四字熟語

キーワード[孤独]の四字熟語

キーワード[不安]の四字熟語