• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

気炎万丈の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

意気込みが他を圧倒するほど盛んであること。多くは意気盛んな談論についていう。▽「気炎」は炎が燃え上がるように盛んな気勢。意気込み。「万丈」は非常に高いこと。「丈」は長さの単位。気勢を上げるのを高く燃えあがる炎にたとえたもの。「炎」は「焔」とも書く。
句例
気炎万丈の議論
用例
左様サ、我輩は両三日前に会ったがその時は大得意で気焔万丈だッたが、馬鹿な奴サ、家賃も滞たまってるくせに新らしい洋服を算段して綱曳つなひきで奔走してやがる。<内田魯庵・社会百面相>

気炎万丈の解説 - 学研 四字辞典熟語

意気盛んなさま。また、大いに意気を上げること。
注記
「気炎」は、燃え上がる炎のように盛んな意気。「万丈」は、非常に高く上がること。意気盛んなさまを高く燃え上がる炎にたとえたもの。「炎」は、「焰」とも書く。

気炎万丈の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]大いに気炎をあげること。また、そのさま。

[元気・健康を表す/元気・活気がある]カテゴリの四字熟語

キーワード[勢い]の四字熟語

キーワード[得意]の四字熟語