• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

自由奔放の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

他を気にかけず、自分の思うままに振る舞うさま。▽「奔放」は勢いのあるさま。転じて、周りにとらわれず、思いのままに振る舞うさま。
句例
自由奔放な一生を送った芸術家
用例
ここに来て自由奔放に色彩を駆使し、かつてない華やかな色彩の世界に自分を遊ばせるようになったのではなかろうか。<宮尾登美子・序の舞>
類語
奔放自在ほんぽうじざい 奔放不羈ほんぽうふき
活用形
〈―ナ〉

自由奔放の解説 - 学研 四字熟語辞典

世間の枠わく常識にとらわれず、自分のしたいように行動すること。また、他人の迷惑をかえりみない、したい放題行動もいう。
注記
「奔放」は、勢いがあって思いのまま振舞うさま。
類語
天馬行空てんばこうくう 不羈奔放ふきほんぽう

自由奔放の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[名・形動]人の目や世間のしきたりなどを気にしないで、自分の思うとおりに行動すること。また、そのさま。「—な振る舞い」

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。