円転滑脱の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

言葉や行動自在で角立たず、物事をすらすら処理していくさま。物事をそつなくこなすさま。▽「円転」は丸く回る意。角立てずに滞りなく進むこと。「滑脱」はすべりぬける意。転じて、なめらかで自在に変化するさま。
句例
円転滑脱にこなす、円転滑脱な人
用例
貴方はあの微温湯ぬるまゆ的な円転滑脱な教養で社会を正しい方向に動かしていけると思いますか。<石坂洋次郎・若い人>
類語
円滑洒脱えんかつしゃだつ
活用形
〈―ナ〉

円転滑脱の解説 - 学研 四字熟語辞典

物事が丸くなめらかに進行し、また、ことばなどが自在に変化して角が立たず、滞りなくすすむこと。

円転滑脱の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[名・形動]

  1. 言動が角立たず自由自在なこと。動きが滑らかなこと。また、そのさま。「—な話術

    1. 「ろくろ首の踊りはますます—となり」〈谷崎幇間

  1. 物事にこだわらないこと。また、そのさま。「—な人柄

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。