• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

気韻生動の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

芸術作品に気高い風格や気品が生き生きと表現されていること。また、絵画や他の芸術作品などに、生き生きとした生命感や迫力があり、情趣にあふれていること。▽「気韻」は書画など芸術作品にある気高い趣。気品。「生動」は生き生きとしているさま。また、生き生きとして真に迫ること。中国六朝りくちょう時代、南斉なんせいの人物画の名手謝赫しゃかくが、『古画品録』の中で画の六法の第一に挙げたのに始まるといわれる。
出典
『輟耕録てつこうろく』叙画じょが
句例
気韻生動した画風
用例
哲文は西洋の絵画のなかにも「気韻生動」の内面美もあるとみて、<陳舜臣・阿片戦争>
活用形
〈―スル〉

気韻生動の解説 - 学研 四字辞典熟語

絵画や書画などの芸術作品に、生き生きとした気品や気高い風格が感じられること。
注記
「気韻」は、文学や芸術などの気品や風格がある趣。「生動」は、生き生きとしているさま。また、生き生きとして真に迫ること。中国六朝りくちょう時代、南斉なんせいの人物画の第一人者である謝赫しゃかくが画論書『古画品録』の中で画の六法の一つとして最初に挙げたと伝えられることば。
出典
『輟耕録てつこうろく』叙画じょが

気韻生動の解説 - 小学館 大辞泉

中国画の理想で、生気が満ちあふれていること。5世紀末の南斉の画論家謝赫 (しゃかく) が、「画の六法 (りくほう) 」の第一にあげる。→六法

[励ましたり、褒めたり/褒める・評価する]カテゴリの四字熟語

キーワード[芸術]の四字熟語

キーワード[書]の四字熟語

キーワード[情趣]の四字熟語