• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

水天彷彿の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

はるかな海上の水と空とが接していて、どこまでが水でどこまでが空かはっきり見分けられないさま。▽「水天」は海と空。「彷彿」はぼんやりしてはっきりしないさま。「彷彿」は「髣髴」とも書く。
出典
頼山陽らいさんよう「天草洋あまくさなだに泊はくす」(詩)
句例
水天彷彿として、水天彷彿たる眺め
用例
狂瀾きょうらん激浪を水天髣髴の間に認めて惶忙こうぼう退回したる如ごとく<幸田露伴・露団々>
類語
水天一色すいてんいっしょく 水天一碧すいてんいっぺき
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

水天彷彿の解説 - 学研 四字熟語辞典

遠くの水平線で、空と海の青色が接して、ひとつに融け合っていること。
注記
「彷彿」は、おぼろげに見えるさま。
表記
「彷彿」は、「髣髴」とも書く。
出典
頼山陽らいさんよう「天草洋あまくさなだに泊はくす」
用例
水天髣髴すいてんほうふつの間に毛筋ほどの長堤を横たえ、その上に、家五六軒だけしか対岸に見せない利根川の佐原の宿、〈岡本かの子・河明かり〉
類語
水天一碧すいてんいっぺき

水天彷彿の解説 - 小学館 大辞泉

海上遠く、空と水面とがひと続きになっていて境界がはっきりしないこと。

「狂瀾激浪を―の間に認めて」〈露伴・露団々〉

キーワード[景色]の四字熟語

キーワード[水平線]の四字熟語