• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

水天一碧の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

水と空とが一続きになって、一様に青々としていること。▽「水天」は水と空、海と空。「一碧」は一面に青い色となること。「碧」は深い青色、あおみどり。
出典
王勃おうぼつ「滕王閣序とうおうかくのじょ」。「秋水は長天と共に一色なり」
句例
水天一碧の風景を楽しむ
類語
水天一色すいてんいっしょく 水天彷彿すいてんほうふつ

水天一碧の解説 - 学研 四字熟語辞典

遠く水平線上で、空と海の青色がひとつに融け合って、一続きに見えること。
注記
「碧」は、濃い青緑。
出典
王勃おうぼつ「滕王閣序とうおうかくのじょ
類語
水天彷彿すいてんほうふつ

水天一碧の解説 - 小学館 大辞泉

晴れ渡った遠い海上などの、水の色と空の色とがひと続きになっているようす。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。