三寒四温の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

冬季に寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。また、気候がだんだん暖かくなる意にも用いる。
用例
三寒四温の温に向いたか、近ごろになく、小春日和になりそうな、朝でもあった。<川端康成・舞姫>

三寒四温の解説 - 学研 四字辞典熟語

寒い日が三日続いた後には、四日ほど暖かい日が来るという冬の天候のこと。また、だんだん暖かくなって、春が近いという意味でも使う。
注記
中国北東部や朝鮮半島北部のシベリア高気圧の発達や衰えで起こる冬季の気象現象。

三寒四温の解説 - 小学館 大辞泉

晩秋から初春にかけて、3日間くらい寒い日が続いたのちに4日間くらい暖かい日が続き、これを繰り返すこと。中国北東部や朝鮮半島などではかなり規則的な現象としてあらわれる。 冬》

[自然や季節を表す/季節を感じる/冬]カテゴリの四字熟語

キーワード[季節・気候・気象]の四字熟語

出典:青空文庫