• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三十而立の解説 - 学研 四字熟語辞典

三十歳のこと。学識や道徳観も確立して、世に立つ自信も得る年齢であるということ。
注記
孔子こうしが自らの生涯を顧みて言ったことから、三十歳を「而立」というようになった。「三十さんじゅうにして立つ」と読み下す。
出典
『論語ろんご』為政いせい
用例
乃公おれもそろそろ三十、而立じりつの秋だ。よし、ここは、一奮発して、大いなる声名を得なければならぬ〈太宰治・竹青〉
類語
五十知命ごじゅうちめい 四十不惑しじゅうふわく 十五志学じゅうごしがく 六十耳順ろくじゅうじじゅん

キーワード[年齢]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。