• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

六十耳順の解説 - 学研 四字熟語辞典

六十歳になると、他人の意見も、素直に聞き入れられるようになるということ。
注記
孔子こうしが晩年に語ったことばで、ここから六十歳を「耳順」というようになった。「六十にして耳みみしたがう」と読み下す。
出典
『論語ろんご』為政いせい
用例
孔子も五十にして天命を知り、六十にして耳順したがい、七十にして心の欲する所に従って矩のりを踰えずと言った、老るに従って益々識高く徳進んだのである。〈幸徳秋水・死生〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月