• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

六菖十菊の解説 - 学研 四字熟語辞典

時期が遅れて、もう役に立たないこと。端午たんごの節句(五月五日)に一日遅れた六日の菖蒲しょうぶと、重陽ちょうようの節句(九月九日)に一日遅れた十日の菊の花という意。
注記
「ろくしょうじっきく」とも読む。「六日むいかの菖蒲あやめ、十日とおかの菊きく」ともいう。
類語
夏炉冬扇かろとうせん

キーワード[時期・時機]の四字熟語

キーワード[役に立たない]の四字熟語