• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

六根清浄の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

欲や迷いを断ち切って、心身が清らかになること。▽「六根」は私欲や煩悩、迷いを引き起こす目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官をいう。「清浄」は煩悩や私欲から遠ざかり、清らかで汚れがない境地。略して「六根浄」ともいう。
句例
六根清浄の心境になる
用例
彼は鼻で深い息をしながら、一種の快い疲れで目をつむっていると、遠く上のほうから、今登って行った連中の「六根清浄、お山は晴天」という声が二三度聞こえて来た。<志賀直哉・暗夜行路>
類語
六根自在ろくこんじざい

六根清浄の解説 - 学研 四字熟語辞典

すべての迷いから醒めて、心身が清らかになること。また、山参りの修行者や寒参りの人などが、六根のけがれをはらい清めるために唱える文句。
注記
「六根」は、目・耳・鼻・舌・身・意の六つで、迷いのもととなるとされる器官。「清浄」は、煩悩を脱して、清らかな心になること。

六根清浄の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。六根から生じる迷いを断って、清らかな身になること。また、霊山に登るときや寒参りなどの際に、六根の不浄を清めるために唱える語。六根浄。

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。