• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

六道輪廻の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世に生きるすべてのものは、六道の世界に生と死を何度も繰り返して、さまよい続けるということ。▽仏教語。「六道」は生前の行為の善悪によって、死後に行き先が決まる六つの世界(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)。「輪廻」は、車輪が回転してきわまりないように、霊魂は不滅で死後また生まれ変わるという考え方。
出典
張説ちょうせつ「唐陳州竜興寺碑とうちんしゅうりゅうこうじひ
句例
六道輪廻の思想
用例
また私はここで仏法の六道輪廻を思いみる。インドには、殊にシャカムニの生国としてのインドには、そもそもから進歩などという想念はなかったろう。<唐木順三・死の灰についてのひとりごと>
類語
輪廻転生りんねてんしょう 流転輪廻るてんりんね 六趣輪廻ろくしゅりんね

六道輪廻の解説 - 学研 四字熟語辞典

この世の衆生しゅじょうはすべて、六道の世界を迷い続けること。
注記
仏教のことば。「六道」は、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六つの世界。「輪廻」は、魂が不滅で生まれ変わるという考え。

六道輪廻の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。衆生が六道に迷いの生死を繰り返して、車輪の巡るように停止することのないこと。輪廻。流転 (るてん) 。

キーワード[生死]の四字熟語

キーワード[迷い・迷う]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。