• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

啐啄同時の解説 - 学研 四字辞典熟語

またとない好機のこと。また、学ぼうとする者と教え導く者の息が合って、相通じること。鳥の雛ひなが卵から出ようと鳴く声と母鳥が外から殻をつつくのが同時であるという意から。
注記
禅宗で、師匠と弟子の呼吸が一致するときに、悟りが得られるということから。「啐」は、鳥の雛ひなが孵化するときに殻の中から鳴くこと。「啄」は、母鳥が外から殻をつつくこと。
出典
『碧巌録へきがんろく』一六

キーワード[気持ちが通じ合う]の四字熟語

キーワード[時期・時機]の四字熟語