善男善女の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

仏道の教えに帰依した人々。後に広く仏教を信仰する人々のことを指す。また、寺院に参詣したり霊場を巡礼したりする人を指す語。▽仏教語。良家の男子・女子という意味の梵語ぼんごの意訳。彼らは前世あるいは今世に善行を積んだので、在家の身で仏法を聞くことができたとされる。
句例
境内に善男善女があふれる
用例
同時にまた天下に充満した善男善女の地上楽園である。ただ古来の詩人や学者はその金色こんじきの瞑想めいそうのうちにこういう光景を夢みなかった。<芥川竜之介・侏儒の言葉>
類語
善男信女ぜんなんしんにょ

善男善女の解説 - 学研 四字辞典熟語

仏教を深く信仰している人々。一般には、信心深い人や寺社に参拝に訪れる人々をさす。老若男女。
注記
もとは「善男子善女人ぜんなんしぜんにょにん」といい、仏教に帰依した人々のことであった。現在は、一般の人々、大衆といった意味で使われる。
出典
『金剛般若経こんごうはんにゃきょう』訳疏記やくそき

善男善女の解説 - 小学館 大辞泉

仏法に帰依した男女。信心深い人々。

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語

キーワード[人物]の四字熟語

キーワード[老若男女]の四字熟語

出典:青空文庫