• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

空即是色の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

固定的な実体がなく空くうであることで、はじめて現象界の万物が成立するということ。万物の真の姿は実体がなく空だが、その空は一方的にすべてを否定する虚無ではなく、それがそのままこの世に存在する物の姿でもある意。▽仏教語。「空」は固定的な実体のないこと。「色」はいろ、かたちあるもの。この世のすべての物質的存在のこと。
出典
『般若心経はんにゃしんぎょう
用例
色即是空、空即是色は、おれには、縁遠いと知った。この三カ月の服喪は、五体に猛気を満たすに役立っただけだ。<柴田錬三郎・曲者時代>

空即是色の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教のことばで、この世のすべての物事は実体がなく空くうであり、その空であるものがこの世のすべてであるということ。
注記
「空」は、実体がないこと。「色」は、この世で実体があるすべての物事。「即是」は、すなわち。出典の「色は空に異ならず、空は色に異ならず。色即是空、空即是色」による。
出典
『般若心経はんにゃしんぎょう
類語
色即是空しきそくぜくう

空即是色の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。一切の存在は現象であって空であるが、その空であることが体得されると、その現象としての存在がそのまま実在であるとわかるということ。「般若心経 (はんにゃしんぎょう) 」には「色即是空、空即是色」とある。

キーワード[移り変わり]の四字熟語

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語