• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

万緑一紅の解説 - 学研 四字熟語辞典

あたり一面の緑の草むらの中に開く紅あかい花一輪の意で、平凡な多くのものの中に、一つだけすぐれたものがあること。また、特に多くの男性の中に一人女性がいること。また、その女性。
注記
「万緑」は、あたり一面が緑であるさま。出典は王安石おうあんせきの「柘榴ざくろを咏ずるの詩」とされるが、王安石の作詩であるかは不明。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。