• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三分鼎足の解説 - 学研 四字辞典熟語

互角の力を持つ三者が、分かれて並び立つこと。三つどもえ。天下を三分して、三つの国がそれぞれ勢力を争うこと。
注記
「鼎かなえ」は、祭器のことで、二つの手と三本の脚で平均を保っていることから。
出典
『史記しき』淮陰侯わいいんこう
類語
三者鼎立さんしゃていりつ

三分鼎足の解説 - 小学館 大辞泉

《「史記」淮陰侯伝の「天下を三分し、鼎足して居るに若 (し) くはなし」から》天下を三分して互いに対立すること。

キーワード[戦い]の四字熟語