• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

死屍累累の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

死体が多く重なり合って、むごたらしいさま。▽「死屍」はしかばね・なきがら。「累累」は重なり合うさま。
句例
死屍累々として、見るに堪えない、死屍累々たるありさま
用例
わたしは、あの死屍累々血戦真に迫ったセバストポル戦争の印刷図が一番上出来のものと思ったが、<子母沢寛・勝海舟>
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

死屍累累の解説 - 学研 四字辞典熟語

多くの死体が重なり合うようにあたり一面にあること。戦闘のあとの、悲惨な光景をさして使う。
注記
「死屍」は、死体のこと。「累累」は、折り重なるようにあたり一面にあるさま。

死屍累累の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]たくさんの死体が折り重なって倒れており、非常にむごたらしいさま。

キーワード[生死]の四字熟語

キーワード[戦い]の四字熟語