• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

水魚之交の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

離れることができない、親密な間柄や交際のたとえ。水と魚のように切っても切れない親しい関係をいう。君主と臣下、また、夫婦の仲がよいことなどについても用いる。▽「交」は「こう」とも読む。
出典
『蜀志しょくし』諸葛亮伝しょかつりょうでん
句例
水魚の交わりを結ぶ
用例
世にある頃は水魚の交り知らぬ人なく、<樋口一葉・やみ夜>
類語
管鮑之交かんぽうのまじわり 金蘭之契きんらんのけい 膠漆之交こうしつのまじわり 耐久之朋たいきゅうのとも 断金之交だんきんのまじわり 莫逆之友ばくぎゃくのとも 刎頸之交ふんけいのまじわり 雷陳膠漆らいちんこうしつ
故事
中国三国時代、蜀しょくの劉備りゅうびが諸葛孔明しょかつこうめいと親密であったため、彼を軍師に招いた。これを古参の諸臣たちが喜ばなかったとき、劉備が「二人の間は水と魚との関係のようなもので、切っても切れない間柄である」と言ったという故事から。

水魚之交の解説 - 学研 四字熟語辞典

とても仲がよいこと。魚は水がなければ生きていけないように、親しく信頼しあう間柄のこと。非常に親しい友人関係や仲のよい夫婦のこと。また、親密な交際のたとえ。
注記
もとは君臣の関係をいうことばだったが、現在は、友人や夫婦間にも使われる。「すいぎょのこう」とも読む。
故事
中国三国時代、蜀の劉備りゅうびが、自分の軍師であった諸葛亮しょかつりょうとの親密な間柄をこう語った。
出典
『蜀志しょくし』諸葛亮しょかつりょう
類語
管鮑之交かんぽうのまじわり 金石之交きんせきのまじわり 金蘭之契きんらんのけい 膠漆之交こうしつのまじわり 断金之交だんきんのまじわり 刎頸之交ふんけいのまじわり 雷陳膠漆らいちんこうしつ
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。