• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

烏合之衆の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

規律も統制もなく、ただ寄り集まっているだけの集団。秩序のない人々の集まりや軍勢にいう。からすの集まりが無秩序でばらばらであることから。
出典
『後漢書ごかんじょ』耿弇伝こうえんでん
句例
烏合の衆と化する
用例
要するに彼等は数こそ多けれ、戦さにうとい烏合の衆にすぎませぬ。<遠藤周作・王国への道>
類語
烏集之衆うしゅうのしゅう 烏集之交うしゅうのまじわり

烏合之衆の解説 - 学研 四字辞典熟語

カラスの群れが無秩序でばらばらである意から、何の規律も秩序もなくただ集まっている集団。
表記
「烏」を「鳥」と書きちがえない。
出典
『後漢書ごかんじょ』耿弇こうえん
類語
烏集之交うしゅうのまじわり 獣聚鳥散じゅうしゅうちょうさん

キーワード[群衆]の四字熟語

キーワード[交際]の四字熟語