• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

烏之雌雄の解説 - 学研 四字熟語辞典

物事の是非や善悪などがまぎらわしくて、判断しにくいことのたとえ。
注記
カラスの雄と雌はどちらもまっ黒で、雌雄の判別がむずかしいことからいう。出典の「具ともに予われを聖せいと曰うも、誰たれか烏からすの雌雄しゆうを知らんや」による。
表記
「烏」を「鳥」と書きちがえない。
出典
『詩経しきょう』小雅しょうが・正月せいげつ
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。