• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天涯比隣の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

たとえ遠く離れていても、すぐ近くにいるように親しく思われること。親しい友人などについていう。▽「天涯」は非常に遠い所、「比隣」は隣近所の意。
出典
王勃おうぼつ「杜少府としょうふの蜀州しょくしゅうに任にんぜらるるを送おくる」(詩)
類語
千里比隣せんりひりん

天涯比隣の解説 - 学研 四字熟語辞典

天の果てほど遠方にいても、すぐ隣にいる気がするほど親しい間柄。
注記
「天涯」は、天の果て、非常に遠い所。「比隣」は、近隣のこと。
出典
王勃おうぼつ「杜少府としょうふ任に蜀州しょくしゅうに之ゆ{割ルビ解除}く」

[人間関係を表す/友情・友人関係]カテゴリの四字熟語

キーワード[交際]の四字熟語

キーワード[近い/遠い]の四字熟語