• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岡目八目の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

事の当事者よりも、第三者のほうが情勢や利害得失などを正しく判断できること。囲碁から出た語。碁をわきから見ていると、実際に打っている人よりも、八目も先まで手を見越すという意から。▽「岡目」は他人がしていることをわきで見ていること。「目」は碁盤の目の意。「岡」は「傍」とも書く。
用例
吉岡の為めに今夜は駒代という芸者の値打をば岡目八目真実間違のないところを見届けようと思ったのである。<永井荷風・腕くらべ>

岡目八目の解説 - 学研 四字辞典熟語

囲碁から出た語で、ある物事の当事者より第三者のほうが、事の成り行きや真相、また利害得失などを正しく判断できるというたとえ。
注記
「傍目八目」とも書く。「傍目(岡目)」は、囲碁で、他人がさしている碁盤の目を傍らで見ていること。「八目」は、八目先を読むこと。対局者より傍らで見ている見物人のほうが、先の目が読めている意から。