• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

合縁奇縁の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

不思議なめぐり合わせの縁。人と人とが互いに気心が合うかどうかは、みな因縁いんねんという不思議な力によるものであるということ。人と人の結びつきについていうが、特に男女の間柄についていう。▽「合縁」はもと仏教語で、恩愛から起こる人と人の結びつきの意。「奇縁」は不思議なめぐり合わせの意。また、思いがけない不思議な縁の意。「愛縁機縁」「相縁機縁」とも書く。
句例
男女の仲は合縁奇縁
用例
合縁奇縁ハ見てわからず。しかるを梅屋舗うめやしきの腰掛にて。一寸ちょっと見た計ばかりで縁談沙汰ざた。<坪内逍遥・当世書生気質>

合縁奇縁の解説 - 学研 四字辞典熟語

人と人との交わりには、気心の合う合わないがあるが、それもみな縁という不思議な力のはたらきによるものであるということ。人の交わり全般についていうが、とくに男女の間柄について用いられることば。
注記
「合縁」は、仏教のことばで、恩愛からくる人と人との交わり。「奇縁」は不思議な縁。
表記
「合縁」は、「愛縁」「相縁」とも書く。「奇縁」は、「機縁」とも書く。

合縁奇縁の解説 - 小学館 大辞泉

人と人との気心が合うも合わないも、不思議な因縁によるということ。

[人間関係を表す/夫婦・男女の愛]カテゴリの四字熟語

キーワード[運命]の四字熟語

キーワード[縁]の四字熟語