• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

益者三友の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

交際してためになる三種の友人のこと。正しいと思うことを直言する正直な人、誠実な人、博識な人のこと。人と付き合うに当たって、友人をどう選ぶかを述べた語。
出典
『論語ろんご』季氏きし。「益者三友、…直なおきを友とし、諒まことを友とし、多聞を友とするは益なり」
対義語
損者三友そんしゃさんゆう

益者三友の解説 - 学研 四字熟語辞典

交際して有益な三種の友人。正直な人、誠実な人、博識な人。
出典
『論語ろんご』季氏きし
対義語
損者三友そんしゃさんゆう

益者三友の解説 - 小学館 大辞泉

《「論語」季氏から》益者となる3種類の友人。正直な人、誠実な人、物知りな人をいう。⇔損者三友

キーワード[交際]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。