• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高山流水の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

すぐれて巧みな音楽、絶妙な演奏のたとえ。また、自分を理解してくれる真の友人のたとえ。清らかな自然の意に用いられることもある。▽「流水高山りゅうすいこうざん」ともいう。
出典
『列子れっし』湯問とうもん
用例
あるは帯書きに華麗をつくす花鳥風月、さては清楚を極むる高山流水、意の趣おもむく処ところ景色ととのいて、<樋口一葉・うもれ木>
故事
中国春秋時代、琴の名手の伯牙はくがが、高い山を思いながら演奏したところ、友人の鍾子期しょうしきは「まるであの高い泰山たいざんが目前にあるようだ」と評し、川の流れを思いうかべながら演奏したところ、「まるで滔々とうとうと流れる大河が目前にあるようだ」と評した故事から。鍾子期が死ぬと、伯牙は琴を打ち割り弦を断ち切って、終身琴を弾かなかったという。

高山流水の解説 - 学研 四字熟語辞典

絶妙の音楽、演奏のたとえ。自分の気持ちを本当に理解してくれる親友のたとえ。また、そうした親友は容易には得られないことのたとえ。
注記
清らかな自然の景色・風景の意で用いることもある。「流水高山りゅうすいこうざん」ともいう。
故事
中国春秋時代、琴の名手の伯牙はくがが泰山たいざん(山東省にある山の名で、名山めいざんとして知られる)を思い描きながら演奏していると、それを聴いた友人の鍾子期しょうしきは「すばらしい、まるで泰山のようだ」と言い、流れる水を思い描きながら演奏していると、「すばらしい、まるで流れる水のようだ」と評した。鍾子期が死ぬと、伯牙は「自分の音楽を理解してくれる者はもういなくなった」と嘆き、琴をこわし、弦を断ち切って、その後死ぬまで琴を演奏しなかったという。
出典
『呂氏春秋りょししゅんじゅう』本味ほんみ

[人間関係を表す/友情・友人関係]カテゴリの四字熟語

キーワード[音楽]の四字熟語

キーワード[景色]の四字熟語

キーワード[交際]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。