【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

髀肉之嘆の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

実力手腕発揮する機会に恵まれないのを嘆くこと。むなしく日々を過ごすことの嘆きをいう。▽「髀肉」はももの肉、「嘆」はため息をついて嘆く意。「髀」は「脾」、「嘆」は「歎」とも書く。
出典
『蜀志しょくし』先主伝せんしゅでん
句例
髀肉の嘆を抱く
用例
その歌の心には、髀肉の嘆をもらしながら、捲土重来けんどちょうらいの機会のくるのを待っていた、生口の島の平家の残党のそれに、いくらか通じるものがあるのではなかろうか。<花田清輝・小説平家>
故事
中国三国時代、蜀しょくの劉備りゅうびが戦いで力を発揮する機会になかなか恵まれず、いつも馬上で戦ってきたのに馬に乗れないため、ももの内側にぜい肉がついてしまったといって嘆いたという故事から。

[喜怒哀楽を表す]の四字熟語

[嘆く]の四字熟語

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。