四苦八苦の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

非常に苦労すること。たいへんな苦しみ。もと仏教の語で、あらゆる苦しみの意。▽「四苦」は生しょう老・病・死の四つの苦しみ。「八苦」は「四苦」に愛別離苦あいべつりく(親愛な者との別れの苦しみ)、怨憎会苦おんぞうえく(恨み憎む者に会う苦しみ)、求不得苦ぐふとくく(求めているものが得られない苦しみ)、五蘊盛苦ごうんじょうく(心身を形成する五つの要素から生じる苦しみ)を加えたもの。
句例
四苦八苦の暮らし、四苦八苦して新製品を作る
用例
父の面を眺め詰め、胸にこだわる四苦八苦を吐き出すまいか、どうしたらよかろうと、<坪内逍遥・細君>
類語
七難八苦しちなんはっく
活用形
〈―スル〉

四苦八苦の解説 - 学研 四字辞典熟語

苦労に苦労を重ねること。たいへんな苦しみを受けること。思うようにいかず、苦労しているさま。
注記
仏教のことばで、「四苦」は、生・老・病・死の四つの苦しみ。「八苦」は、この四苦に愛別離苦あいべつりく(愛するものと別れる苦しみ)・怨憎会苦おんぞうえく(憎むものと出会う苦しみ)・求不得苦ぐふとくく(求めても得られない苦しみ)・五陰盛苦ごおんじょうく(心身の苦痛)を加えたもの。「四苦八苦」で、ありとあらゆる苦しみのこと。
類語
七難八苦しちなんはっく

四苦八苦の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)
  1. 非常に苦労、また、苦悩すること。「借金に追われて四苦八苦する」

  1. 仏語。人間のあらゆる苦しみ。生・老・病・死の四苦と、それに愛別離苦怨憎会苦 (おんぞうえく) 求不得苦 (ぐふとくく) 五陰盛苦 (ごおんじょうく) を加えた八苦。

[喜怒哀楽を表す/苦しむ・苦労する]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース

キーワード[苦悩]の四字熟語

出典:青空文庫