• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

五陰盛苦の解説 - 学研 四字辞典熟語

人間のからだや心を形成する五つの要素から生じる苦痛や苦悩のこと。
注記
仏教のことば。「五陰」は「五蘊ごうん」と同じで、色しき(物体)・受じゅ(感覚)・想そう(表象)・行ぎょう(意志)・識しき(認識)のこと。迷いの世界として存在するすべては苦であるということ。仏教でいう、八苦(八種の苦しみ)の一つ。「五陰」を「ごいん」、「盛苦」を「せいく」と読み誤らない。

五陰盛苦の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。八苦の一。五陰から生じる心身の苦悩。