七転八倒の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

激しい苦痛などで、ひどく苦しんで転げまわること。転んでは起き、起きては転ぶこと。▽「七」「八」は数が多いことをいう。「しってんばっとう」「しちてんはっとう」とも読む。また「転」は「顛」とも書く。
出典
『朱子語類しゅしごるい』五一
句例
七転八倒してもがく
用例
ぼくは、居たたまれず、船室に駆けこみ、頭を押えて、七転八倒の苦しみでした。<田中英光・オリンポスの果実>
活用形
〈―スル〉

七転八倒の解説 - 学研 四字辞典熟語

ひどい苦痛や悲しみで、ころげまわってもがくさま。また、ひどく混乱しているようすもいう。
注記
「しちてんはっとう」「しってんばっとう」などとも読む。「七」「八」は回数の多いことをいう。
表記
「転」は「顚」とも書く。
出典
『朱子語類しゅしごるい』五一

七転八倒の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)《7度も転んだり倒れたりする意》転げ回ってもがき苦しむこと。しってんばっとう。「―してのたうち回る」「―の苦しみ」

キーワード[苦悩]の四字熟語

キーワード[混乱]の四字熟語

出典:青空文庫