右往左往の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

混乱しうろたえて、右に行ったり左に行ったりすること。また、混乱して秩序がないたとえ。▽「往」は行く意。「左」は「ざ」とも読む。「左往右往さおううおう」ともいう。
句例
突発的な事故で右往左往する
用例
勝ちほこっていた長尾方の先陣せんじんはたちまち乱れたち、右往左往してにげまどった。<海音寺潮五郎・天と地と>
類語
周章狼狽しゅうしょうろうばい
対義語
泰然自若たいぜんじじゃく
活用形
〈―スル〉

右往左往の解説 - 学研 四字辞典熟語

右に行ったり左に行ったりする意から、混乱してうろたえること。
注記
「左往」は、「ざおう」とも読む。また、「左往右往さおううおう」ともいう。
類語
周章狼狽しゅうしょうろうばい
対義語
神色自若しんしょくじじゃく 泰然自若たいぜんじじゃく

右往左往の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)《「うおうざおう」とも》うろたえてあっちへ行ったりこっちへ来たりすること。あわてふためいて混乱したさまをいう。「会場を探して右往左往する」

キーワード[あわてる]の四字熟語

キーワード[混乱]の四字熟語

出典:gooニュース