• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神色自若の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

大事にあっても顔色一つ変えず、平然と落ち着いている様子。物事に動揺しないさま。▽「神色」は精神(心)と顔色、「自若」は物事にあわてず落ち着いているさま。
出典
『晋書しんじょ』王戎伝おうじゅうでん
句例
神色自若たるさま、神色自若として動じない
用例
相原の拳銃けんじゅうを持った腕をうんとなぐった。拳銃はばたりと地に墜ちた。山口は神色自若として相原に言った。<森鴎外・灰燼>
類語
神色泰然しんしょくたいぜん 泰然自若たいぜんじじゃく
対義語
周章狼狽しゅうしょうろうばい
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

神色自若の解説 - 学研 四字辞典熟語

危機的な状況にあっても、顔色ひとつ変えずに落ち着き払っていること。どんな事にも驚かず、平然としていること。
注記
「神色」は、精神と顔色のこと。「自若」は、自然なさまで、ふだん通りであること。
出典
『晋書しんじょ』王戎おうじゅう
類語
意気自如いきじじょ 言笑自若げんしょうじじゃく 泰然自若たいぜんじじゃく
対義語
右往左往うおうさおう 周章狼狽しゅうしょうろうばい

神色自若の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]重大事に直面しても少しも顔色を変えず、落ち着いているさま。

キーワード[安定/不安定]の四字熟語

キーワード[落ち着き]の四字熟語