• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

長与善郎の中編小説。大正12年(1923)1月、「改造」誌に発表。副題「一名南蛮鋳物師の死」。江戸時代の長崎を舞台に、踏み絵用のキリスト像を見事に作り上げたためにキリシタンと疑われて処刑される鋳物師の悲劇を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉