• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

長与善郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1888~1961]小説家・劇作家。東京の生まれ。専斎の五男。「白樺」同人。個性の葛藤を描いた作品が多い。小説「青銅の基督」「竹沢先生と云ふ人」、戯曲「項羽 (こうう) と劉邦 (りゅうほう) 」、自伝「わが心の遍歴」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉