• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

七歩之才の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

文才に恵まれていること。また、すぐれた詩文を素早く作る才能があること。
出典
『世説新語せせつしんご』文学ぶんがく
句例
七歩の才の誉れ
類語
七歩成詩しちほせいし 七歩八叉しちほはっさ 陳思七歩ちんししちほ
故事
中国三国時代、魏の曹操そうそうの子であった曹丕そうひ曹植そうしょく兄弟は互いにすぐれた詩才があった。曹操の死後、文帝に即位した兄の曹丕は弟の才能を妬ねたんで、あるとき「七歩歩く間に詩を作れ。できなければ死罪にする」と命じ、曹植がたちどころに兄の無情を嘆く詩を作ったので、文帝は大いに恥じたという故事から。

七歩之才の解説 - 学研 四字辞典熟語

すぐれた詩文を、たちどころに作る能力があること。七歩、歩く間に詩を書けるほど文才があるという意味。
故事
中国三国時代、魏の曹植そうちは、その文才で名を馳せていたが、兄であった文帝ぶんていの曹丕そうひがこれをねたみ、七歩、歩く間に詩を作らないと殺すと命令を出した。曹植はすぐさま兄弟の争いを悲しむ詩を作って答え、文帝は大いに感動したという。
出典
『世説新語せせつしんご』文学ぶんがく

[励ましたり、褒めたり/褒める・評価する]カテゴリの四字熟語

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語

キーワード[詩歌]の四字熟語