• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

王勃「杜少府之任蜀州」から》遠い所にいても心は常に通っていて、隣に住んでいるのと同じように親しく思われる。