• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

氷炭相愛の解説 - 学研 四字辞典熟語

この世では起こりえないことのたとえ。また、冷たい氷と熱い炭のように、まったく性質が相反するものが、相手の特性を利用しながら、助け合うこと。友人が互いの特性の違いを活かし、戒め合いながら助け合うこと。
注記
「炭」は、炭火。氷は炭火で溶け、炭火は氷が溶けたあとの水で消える。ともに消し合うわけだから、本来両者が愛し合うことはこの世では起こりえない。しかし、炭火は氷を水に戻し、水に戻った氷は炭が燃えつきて灰になるのを防ぐから、相反する性質のものが作用し合って助け合うということ。「氷炭ひょうたんあいあいす」と読み下す。
表記
「氷」は、「冰」とも書く。
出典
『淮南子えなんじ』説山せつざん

キーワード[協力]の四字熟語

キーワード[対]の四字熟語