• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和衷協同の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心を同じくして共に力を合わせ、仕事や作業に当たること。▽「和衷」は心の底からなごみ和らぐこと。また、心を同じくすること。「衷」は中心・心の意。「協同」は力を合わせて物事を行うこと。
出典
『書経しょきょう』皐陶謨こうようぼ。「寅いんを同じうし恭を協かなえ、衷を和せよ」
用例
議会は政府を仇敵視するが能事じゃないから、和衷協同の実を挙げたいのじゃが、<内田魯庵・社会百面相>

和衷協同の解説 - 学研 四字熟語辞典

心を一つにし、一緒に仕事をすること。
注記
「和衷」は、うちとけること。「協同」は、力を合わせること。
出典
『書経しょきょう』皐陶謨こうようぼ
類語
一致団結いっちだんけつ

和衷協同の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)心を合わせ、互いに協力して事をすること。和協。
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。