• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和風慶雲の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

穏やかに吹くそよ風と、吉兆を示すめでたい雲。温厚で徳の備わった人格者を形容した語。本来は孔子の高弟の顔回がんかいを評した語。▽「和」は穏やかなさま、「慶」は吉兆を表す。
出典
『近思録きんしろく』観聖賢かんせいけん。「夫子ふうしは天地なり。顔子がんしは和風慶雲なり」(聖賢のなかでも、孔子は天地のような存在であり、その高弟の顔回は、その間にある和らいだ風とめでたい雲のようだ)

和風慶雲の解説 - 学研 四字辞典熟語

温厚な人格者を形容したことば。穏やかな風と、吉兆を示すめでたい雲の意から。
注記
もともとは、孔子こうしの弟子の顔回がんかいを評したことば。
出典
『近思録きんしろく』観聖賢かんせいけん

[人物像を表す/知徳に優れた人]カテゴリの四字熟語

キーワード[おだやかな]の四字熟語