虚心坦懐の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心になんのわだかまりもなく、気持ちがさっぱりしていること。心にわだかまりがなく、平静に事に望むこと。また、そうしたさま。▽「虚心」は心に先入観やわだかまりがなく、ありのままを素直に受け入れることのできる心の状態。「坦懐」はわだかまりがなく、さっぱりとした心。平静な心境。
句例
虚心坦懐に意見を聞く
用例
私は虚心坦懐に、出来れば兵頭のために有利なように願おうとした。<小島信夫・憂い顔の騎士たち>
類語
虚心平意きょしんへいい 虚心平気きょしんへいき 光風霽月こうふうせいげつ 明鏡止水めいきょうしすい
対義語
意馬心猿いばしんえん 玩物喪志がんぶつそうし 疑心暗鬼ぎしんあんき 焦心苦慮しょうしんくりょ

虚心坦懐の解説 - 学研 四字辞典熟語

心にわだかまりがなく、気持ちが素直でさっぱりしていること。また、そうしたさま。
注記
「虚心」は、心にわだかまりがなく、素直なこと。「坦懐」は、心にわだかまりがなく、穏やかなこと。
表記
「坦懐」を「担懐」と書きちがえない。
類語
晴雲秋月せいうんしゅうげつ 光風霽月こうふうせいげつ 明鏡止水めいきょうしすい
対義語
意馬心猿いばしんえん 玩物喪志がんぶつそうし 焦心苦慮しょうしんくりょ

虚心坦懐の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]何のわだかまりもないすなおな心で、物事にのぞむこと。また、そのさま。「虚心坦懐に話し合う」

キーワード[こだわらない]の四字熟語

キーワード[淡々・淡泊]の四字熟語

出典:青空文庫