• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光風霽月の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心がさっぱりと澄み切ってわだかまりがなく、さわやかなことの形容。日の光の中を吹き渡るさわやかな風と、雨上がりの澄み切った空の月の意から。また、世の中がよく治まっていることの形容に用いられることもある。▽「霽」は晴れる意。
出典
『宋史そうし』周敦頤伝しゅうとんいでん
句例
光風霽月の人柄
用例
昔の仇かたきを夢と見て、今の現うつつに報いんともせず、恨みず、乱れず、光風霽月の雅量は、さすが世を観じたる滝口入道なり。<高山樗牛・滝口入道>
類語
虚心坦懐きょしんたんかい 明鏡止水めいきょうしすい

光風霽月の解説 - 学研 四字辞典熟語

心が澄んで、何のわだかまりもなく、爽快であることのたとえ。
注記
「霽」は、晴れる。日の光の中を吹きわたるさわやかな風と、晴れた空に浮かぶ月という意から。出典の「人品じんぴんはなはだ高たかく、胸懐洒落きょうかいしゃらくにして光風霽月の如ごとし」による。
出典
『宋史そうし』周敦頤しゅうとんい
類語
虚心坦懐きょしんたんかい 晴雲秋月せいうんしゅうげつ 明鏡止水めいきょうしすい

光風霽月の解説 - 小学館 大辞泉

《「宋史」周敦頤伝から》さわやかな風とさえわたった月。黄庭堅 (こうていけん) 周敦頤 (しゅうとんい) の人柄をほめた言葉で、性質がさっぱりとしていて、わだかまりがないこと。

[人物像を表す/性格/穏やかな・慎ましい]カテゴリの四字熟語

キーワード[心]の四字熟語