• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

兎死狗烹の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

うさぎが死んでしまえば、それを捕らえるのに用いられた猟犬は不必要となって、煮て食べられてしまう意。戦時に活躍した武将は、ひとたび太平の世となると、用なしとして殺されてしまうことをたとえた言葉。また、後に広く、利用価値があるときだけ用いられ、無用になると捨てられてしまうことのたとえ。▽一般に「兎うさぎして狗いぬらる」と訓読を用いる。
出典
『韓非子かんぴし』内儲説ないちょせつ
類語
狡兎走狗こうとそうく 狡兎良狗こうとりょうく 鳥尽弓蔵ちょうじんきゅうぞう 得魚忘筌とくぎょぼうせん 得兎忘蹄とくとぼうてい