• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

兎走烏飛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

歳月のあわただしく過ぎ去るたとえ。月日の速く過ぎるたとえ。▽「烏」は日(太陽)、「兎」は月を意味し、転じて、月日・歳月のたとえ。太陽に三本足のからすがすみ、月にうさぎがすむという中国古代の伝説による。「烏飛兎走うひとそう」ともいう。
出典
荘南傑そうなんけつ「傷歌行しょうかこう
句例
兎走烏飛の年月
類語
烏兎匆匆うとそうそう 露往霜来ろおうそうらい

兎走烏飛の解説 - 学研 四字熟語辞典

歳月があわただしく過ぎ去っていくことのたとえ。
注記
「兎」は、「玉兎ぎょくと」のこと。中国の伝説で、月にすむとされていたウサギ。「烏」は、「金烏きんう」のこと。太陽にすむとされていた三本足のカラス。金烏が飛び、玉兎が走ることから転じて、太陽と月、また歳月のこと。
表記
「兎」は、「兔」とも書く。「烏飛兎走うひとそう」ともいう。
出典
荘南傑そうなんけつ「傷歌行」
類語
烏兎匆匆うとそうそう 露往霜来ろおうそうらい

キーワード[時・歳月]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。