• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生者必滅の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世に生を受けた者は、必ず滅び死ぬものであるということ。人生の無常をいう。▽仏教語。「生者必滅、会者定離えしゃじょうりは世の習い」(『平家物語へいけものがたり』)のように、会者定離と対にして用いられることも多い。
出典
『大涅槃経だいねはんぎょう
用例
無常迅速、生者必滅の理ことわりを説く法語にも、「いにしえは道心をおこす人は寺へ入りしが、今はみな寺をいずるなり。(略)」<水上勉・一休>
類語
会者定離えしゃじょうり 盛者必衰じょうしゃひっすい

生者必滅の解説 - 学研 四字熟語辞典

生きている者は必ず死ぬということ。世の中のはかなさをいう。
出典
『大般涅槃経だいはつねはんぎょう

生者必滅の解説 - 小学館 大辞泉

無常なこの世では、生命あるものは必ず死ぬときが来るということ。「生者必滅、会者定離 (えしゃじょうり) 」

[人知を越えたものを表す/時間/無常・はかない]カテゴリの四字熟語

キーワード[人生]の四字熟語

キーワード[生死]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。