• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一栄一辱の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人は社会の状況などによって、栄えることもあれば、恥辱にまみれることもあること。栄えているときは戒めとして、衰えているときは慰めの語として用いる。また、人の世のはかなさをいう。▽「辱」ははずかしめを受けること。「一」はあるときは、の意。
類語
一栄一落いちえいいちらく 一栄一枯いちえいいっこ 栄枯盛衰えいこせいすい

一栄一辱の解説 - 学研 四字辞典熟語

栄えたり、恥辱をこうむったりすること。人の世の変転を表すたとえ。
注記
「一」は、「あるときは」の意。「栄」は、栄達すること。「辱」は、はずかしめをうけること。

[人知を越えたものを表す/時間/無常・はかない]カテゴリの四字熟語

キーワード[人生]の四字熟語