• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

背水之陣の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

切羽詰まっていて、もう一歩も後にはひけないぎりぎりの状況。また、そうした状況に身を置いて、必死に物事に取り組むこと。川を背にしたところに陣を敷き、退却できないようにして必死に戦う意から。▽「背水」は川を背にすること。
出典
『史記しき』淮陰侯伝わいいんこうでん
句例
背水の陣で事に当たる
用例
上陸を完了するとただちに、軍船ことごとくを元就が本土に回送させ、いわゆる背水の陣を布いたのは、「勝たずば帰らじ」との覚悟を、さらにはっきり、全軍に形で示したわけだろう。<杉本苑子・決断のとき>
類語
破釜沈船はふちんせん
故事
中国漢かんの韓信かんしんは趙ちょうとの決戦にあたり、わざと川を背にした陣を敷いて退却できないようにし、自軍に決死の覚悟をさせて大勝利をおさめた故事から。

背水之陣の解説 - 学研 四字辞典熟語

失敗したら再起不能という一歩も後にひけない状態に身を置いて、決死の覚悟で事に当たること。
注記
「背水」は、川を背にすること。
故事
中国前漢の時代、武将韓信かんしんは、趙ちょうの国と戦った際、自軍の兵隊を集め、後にひけない川を背に陣を敷き、決死の覚悟で攻め進んで、大勝利をおさめた。
出典
『史記しき』淮陰侯わいいんこう