一触即発の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ちょっと触れただけで、すぐに爆発しそうな状態の意から、きわめて緊迫した状態や状況。小さなきっかけで、重大な事態が起こるかもしれない危険な状態に直面していること。▽「即」はすぐにの意。弓を引き絞り放たれるのを待っている緊張の状態の意からともいう。
出典
李開先りかいせん「原性堂記げんせいどうき
句例
一触即発の状況
用例
十一月 土佐の坂本竜馬、中岡慎太郎、暗殺され、まさに一触即発の形勢となる。<安部公房・榎本武揚>
類語
一髪千鈞いっぱつせんきん 危機一髪ききいっぱつ 刀光剣影とうこうけんえい 累卵之危るいらんのき

一触即発の解説 - 学研 四字熟語辞典

ちょっと触れるだけでたちまち爆発する意から、事態がきわめて緊迫した状況にあること。また、危険と背中合わせにある状態。
注記
「即発」は、即座に爆発する意。
表記
「即発」を「速発」と書きちがえない。
出典
李開先りかいせん「原性堂記げんせいどうき
類語
一髪千鈞いっぱつせんきん 危機一髪ききいっぱつ 累卵之危るいらんのき

一触即発の解説 - 小学館 大辞泉

ちょっと触れればすぐに爆発しそうなこと。危機に直面していること。危機一髪。「―の国際情勢」

キーワード[危急・危険/安全]の四字熟語

出典:青空文庫

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。