• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狡兎良狗の解説 - 学研 四字熟語辞典

戦ってきた敵国が滅びると、戦闘に功績のあった家臣が有害無用として殺されることのたとえ。転じて、役に立つときはさんざん利用され、不要になると見捨てられることのたとえ。
注記
「狡兎こうとして良狗りょうくらる」の略。「狡兎」は、すばしこいウサギ、「良狗」は、飼い主に忠実な猟犬のこと。ウサギが死んでしまうと、ウサギ狩りに使う猟犬は不要となるので、煮て食べられてしまうという意から。
表記
「兎」は、「兔」とも書く。
出典
『史記しき』淮陰侯わいいんこう
類語
得魚忘筌とくぎょぼうぜん
ワンクリックで類語・誤字がわかる goo辞書搭載のエディタ idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。