【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狡兎良狗の解説 - 学研 四字熟語辞典

戦ってきた敵国が滅びると、戦闘功績のあった家臣が有害無用として殺されることのたとえ。転じて、役に立つときはさんざん利用され、不要になると見捨てられることのたとえ。
注記
「狡兎こうとして良狗りょうくらる」の略。「狡兎」は、すばしこいウサギ、「良狗」は、飼い主に忠実な猟犬のこと。ウサギが死んでしまうと、ウサギ狩りに使う猟犬は不要となるので、煮て食べられてしまうという意から。
表記
「兎」は、「兔」とも書く。
出典
『史記しき』淮陰侯わいいんこう
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月