• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和魂漢才の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

日本固有の精神と中国伝来の学問の才。また、日本古来の精神を失わずに、中国の学問を消化し活用すべきであるということ。▽「和魂」は日本固有の精神のこと。「漢才」は中国の学問・知識の意。
出典
菅原道真すがわらのみちざね「菅家遺誡かんけいかい
用例
和魂漢才と云う事もあって、日本には日本の長所がある。<徳富蘆花・黒潮>
類語
和魂洋才わこんようさい

和魂漢才の解説 - 学研 四字熟語辞典

心には日本人としての大和魂をもち、中国の学問を活用すること。日本の精神と中国の学問を兼ね備えること。
出典
菅原道真すがわらのみちざね「菅家遺誡かんけいかい
類語
和魂洋才わこんようさい

和魂漢才の解説 - 小学館 大辞泉

《「菅家遺誡 (かんけいかい) 」から。もとは、学問から得た知識と実生活上の才知の意で、総合的な判断力をさした語》中国の学問を学んで、それを日本固有の精神に即して消化すること。

キーワード[兼ね備える]の四字熟語

キーワード[調和/不調和]の四字熟語